ディープインパクト

いよいよ凱旋門賞に挑戦する。

日本の競馬ファン全ての夢を背負って。

いかにディープが強くても、厳しいレースになることは間違いない。

場所はフランス、ロンシャン競馬場。

完全なアウェーである。

出走馬もほとんどがフランス馬。

ディープをマークしてくるのは間違いない。

ディープにだけは勝たせないようにしてくるだろう。

しかもディープは後ろから行く馬なので不利を受けやすい。

少頭数だからそれほどの心配はないと思われるが…


思い出すのはエルコンドルパサーが挑んだレース。

好スタートからハナに立ったエルコンドルはそのまま直線でも先頭。

この時、僕は勝利を信じてテレビの前で絶叫していた。

しかし、馬群が突如開き、そこからモンジューが抜け出してきたのである。

驚愕、悲鳴、そして落胆…

最後はエルコンドルは交わされてしまった。

あの時のレースは今でも覚えている。

それまで日本馬が勝つ事はおろか上位に入ることさえ難しいと思えた世界最高峰のレース。

そこでエルコンドルは素晴らしい走りを披露し、半馬身モンジューには敗れたものの2着に入って見せた。

エルコンドルはフランスに長期滞在してレースを幾つか使って、結果も残して凱旋門賞に向った。


ディープはぶっつけである。

海外のレースにぶっつけで臨み、結果を出している馬はこれまで何頭もいるので、それが絶対駄目だとは思わないが、不安材料であることは疑いようがない。

芝も日本とは違う。

それでもディープならやってくれるような気になる。

それくらいの馬であってほしい。

エルコンドルの2着が霞むような結果になることを願っている。

みんなのテニス

けっこうおもしろい。

今現在の進捗状況はというと、スペシャルランクのシングルスで中級キャラを全て倒したところです。

中級はカイト(スネーク使いの男)を使っていたので、同キャラ対決となったカイトに苦戦。

4戦目でやっと勝てました。

ここまでやった感想としては、おもしろいけど割りと飽きるのは早そうかな。

みんゴルほどの奥深さはないように思う。

確かに腕を上げることは可能だし、初心者もちょっとやればすぐそこそこできるようになる。

けど、やっぱりキャラの能力が占めるウェイトが大きい。

同じレベルくらいの使い手なら初級キャラと上級キャラでは明らかに後者が勝つし、腕に差があっても強いキャラを使えば埋められる。

だからなんか腕を上げても空しい感じがしてしまう。

みんゴルもキャラの能力に差はあるが、腕でカバーできる面もあったし、上級キャラはそれなりに操作テクが要求されたと思う。

みんテニは上級キャラでも割りと簡単に扱える上に、初級キャラを腕でカバーするのはかなりの熟練者でも難しいだろう。

PSPのみんゴルみたいにキャラを強化できたりすれば、弱キャラも使えたんじゃないかと思うのだが…

初級や中級に気に入ったキャラがいても、勝つためには上級キャラを使わざるを得ないというのが悔しい。

人志松本のすべらない話/お台場逃走中

人志松本のすべらない話。

大好きです。

夜中にたまにしかやらないので、いつやるか楽しみにしてて、ラテ欄で見つけたときは小躍りしてしまいます。

夜中にもかかわらず、いつも1人で大声で笑ってます。

最高にストレス解消になります。

しかし本当にすべらないなぁ。

すごいの一言だ。

是非レギュラー番組にしてほしい。


お台場逃走中。

人志松本の~の後にやってました。

以前にも見た気がする…これもたまにやる番組なのかな?

でもお台場じゃなかったかも…

内容は簡単に言えば芸能人がお金のために鬼ごっこで逃げるという企画。

早朝のお台場を舞台に、ウェンツや大沢あかねらがハンターという黒スーツにサングラスの鬼から逃げていた。一時間逃げ切ると60万円。最後は品川が逃げ切った。

この手の番組、好きです。

鉄腕DASHの鬼ごっこも好きなんで…

あれ、またやんないかな~

キャップなつかしい…

ドラフト

高校生ドラフトが行われた。

注目の選手達は例年どおり悲喜こもごもといった感じだったなぁ。

八重山商工の大嶺くんはかわいそうだった…

例を挙げるまでもなく、毎年のように希望していない球団から指名され涙する高校生がいる。

ドラフトに関しては常に議論噴出の状態である。

指名される側に立てば、全員が希望どおりの球団に入れるようにしてあげたい。

しかし、指名する側に立てば、選手の希望うんぬんよりも戦力になる人材がほしい。

そしてそれは戦力均衡につながり、ひいてはプロ野球の盛り上がりにつながる。

これは両立しえないよなぁ…

しかもドラフトにはお金の問題も絡んでるし…以前ほどではないにしてもなんか闇の部分がある気がする(特に某人気球団)

その点は確かによろしくない。

だが、プロに入ってから実力で希望の球団へ行けというのも、言ってることは分かるが心情的にはやはり納得し難い。

小さい頃からの夢なんだから最初から希望の球団のユニフォームを着たいと思うのが普通だ。

来年からはウェーバー制が導入されるみたいだけど、プレーオフにしてもそうだがメジャーの真似をしても仕方ない気がするのだが。

もともと制度自体違うんだし…

一体どんなやり方がいいのだろう。

答えはないのかもしれない。

100%全関係者が満足できるドラフトは無理かもしれないけど、そこに少しでも近づくことを切に願う。

桑田真澄

桑田が巨人退団を示唆した。

日曜日の二軍登板が最後の姿になってしまうのだろうか…

僕は桑田が好きだ。

僕が小学生の頃、「かっとばせキヨハラくん」という漫画があった。

その漫画が好きで、それがきっかけで僕は清原・桑田のKKコンビのファンになった。

二人はその活躍とスター性で野球界をひっぱってきたと言えるだろう。

しかし、同時に大きな挫折も経験している。

桑田はひじにメスを入れたし、清原も巨人入団が叶わず、FAで念願叶って巨人の一員になった後も散々マスコミに叩かれた。

二人はしかしどんな困難も乗り越えてきた。

そして僕たちに輝かしい活躍を見せてくれた。

光の面と影の面両方を持っていた。

その陰影が、彼等をより一層輝かせていたように思う。

今、桑田と清原は窮地に立たされている。

桑田は2年間で1勝しかできなかった。

清原も満身創痍で思うようにプレーできる状態にはない。

桑田は今後どのような決断をするのだろうか。

二人とも残された選手生命はそれほど長くない。

でも、桑田と清原の二人ならまだ何かやってくれる気がしてならない。

僕は最後まで応援し続ける。

二人がユニフォームを脱ぐ、その日まで…

ワンピース

少年ジャンプ誌上で好評連載中の漫画…

ですが!僕はあんまり好きではありません。

いや、全く持ってつまらないと言うつもりはありませんが。

気に入らない点を列挙しますと…

・死なない
・バトルが単調
・展開が同じことの繰り返し

まず一つ目について言えば、これはもうあきれます。ルフィたちはいかなる攻撃を受けようと絶対死なない。

もちろん死がある漫画が必ずおもしろいとは言わない。

しかし、死がない漫画はおもしろくない。

「どーせ、死なないじゃん」という見方しかできなくなる。

二つ目は、どんな敵と戦っても結局技の応酬の後、最後に大技を出して終わり。

最初からそれ出せよって言いたくなる。

はっきり言って、最後にスペシウム光線出すウルトラマンと変わらないよ?

力押しで勝つばかりじゃなくて、他にあるでしょうよ…

三つ目。移動→敵と戦う→移動→敵と戦う→移動→…

ストーリーにひねりがなさすぎる。

完全なるパターン化だと思う。

と、文句ばかり言ってしまいましたが、繰り返しますが嫌いなわけではありません。

毎週読んでます。

でも、そこまでおもしろいとはどうしても思えないのです。

最近ギアとかますますドラゴンボールの末期状態に近づいてきた感があるので、苦言を呈しました。

中野

先日中野に行ってきました!

中野はいつも通り過ぎるだけだったので、時間がある日に降りてみたんですが…

中野ブロードウェイというデパート?みたいなところに行ってみた。

そこにはディープな世界が待っていた。

「まんだらけ」という店がかなりのスペースを占めており、漫画やらアニメやらゲームやらフィギュアやら…

貴重なものも展示されていたようだ。

僕はゲームが好きなので、そこでスーファミのスラムダンク2と天地創造を買いました☺

FEトラキア776が欲しかったんだけど、値段が高く買えず…

非売品のロムとかあっておもしろかったけど、アニメ関連の方面はちょっとついて行けません。

他にも安い服の店やら何やら怪しい感じの店やらが軒を連ねていました。

内部のライセンスA(だったかな?)という喫茶店のような店で、ハンバーグセットを食べました。

レーシングサーキットの形のパイプが天井にいくつもあった。

店員の対応もよく、落ち着いた雰囲気でなかなかよいお店でした。

中野は芸人の町と言われてますけど、芸人は目撃できませんでした。

帰りにマルイで靴を買いました。

個人的にはなかなか好い街だという印象です☻
;

ゆれる

ずっと見たくて、やっと見てきました!

見てよかった。最前列の席で首が多少疲れたけど。

個人的にはかなり好きですね~。

一緒に見た友人はイマイチだと言ってましたが…

ストーリー展開というか、人物(特に兄)が何を考えているのかを考えながら見ることになる。

物語の展開上、兄の心理は読みにくく、弟の心理はわかりやすい。

基本的に弟の視点で進行するわけだから当然だけど。

この先どうなるんだろうという感じではなく、こいつ何を考えてんだという感じになる。

香川さんの演技は素晴らしく、それと相まって何とも言えない怖さを感じさせる。

人の心の闇というか、兄弟でさえわからない部分があるというか…

とは言えストーリーは予想もつかないというほどのものではなく、伏線の張り方にも甘さがある。

でも最後は泣けます。ラストカットも僕は好きです。

結論を言えばおすすめの映画です。

NFL

NBAもオフだし、欧州サッカーはBSじゃやらないし…

ということで、最近はNFLを見ています。

アメフトなんて昔は全く興味なかったけど、アイシールド21を読んで興味を持ちました。

見てみると、これが結構おもしろい。

イマイチルールがわからないんだけど…

プレーの凄さは伝わってきます!

先日マイアミ・ドルフィンズとピッツバーグ・スティーラーズの対戦を見ました。

特に気になった選手が、トロイ・ポラマル!

ディフェンスの選手だけど、髪型がもじゃもじゃで目立つ。

でも髪型だけじゃなくて、プレーも際立ってた。

インターセプトを決めたのは凄かった!

一気にファンになったしまいました。

直近のジャガーズ戦はあまり活躍できませんでしたが、とりあえずスティーラーズとポラマル中心に見ていこうと思ってます。

関係ないけど、なんでアメフト選手のおしりはあんなに盛り上がってるの?

そんだけ足腰のパワーが必要ってことなのかなぁ…

結婚できない男

終っちゃいました。

本当におもしろいドラマだった!

最近では文句なくナンバー1。

阿部寛は天然か演技かわからない。

ほんとにあんな生活してそう…

そこがまたおもしろいんだけど。

毎回笑わせてもらいました。

でも個人的に共感できるところもあって、自分も予備軍か?と思ったり。

早く再放送しないかな~。

シンクロ

大会終りましたが…

最初からライバルはスペインていうのはどーなの?

確かにロシアは強いのかもしれないけど、はじめからロシアは別格で銀狙いというのはちょっと…

勝つ見込みが限りなく少ないとしても、金を取るんだという気概くらいは見せてほしいんだが。

選手も、伝える側も。

演技は素晴らしくて純粋に競技としては観戦してておもしろかったし、そこを非難するつもりは全くないんだけど…

とにかく見てて白けてしまった。

僕たちの戦争

結局あんまり見れませんでした…

石田純一の新恋人が気になって(笑)

というか、最後あれってどーなったの?

なんか微妙…

あからさまなCGとかセットとかに萎えた。

上野樹里はかわいかったけど。

最後のお腹さわるのとかも、取ってつけたようでいらないと思う。

全編通して見てないので、なんとも言えないが…

映画「出口のない海」はしっかり見てこようと思います。。。


回天

なんか最近注目されてますね。

漫画では「特攻の島」

映画では「出口のない海」

そして今日、ドラマ「僕たちの戦争」

なぜ今年になってこれほどに?

これまでは特攻=神風という認識があったような気がする…

実際僕も「特攻の島」を読むまで、回天についてはその存在は知っていたが、詳しいことは全くと言っていいほど知らなかった。

どんな理由があるのかは知らないが、回天というものを今生きる人が知ることができるというのは意味のないことではないと思う。

今日のドラマも活目して見ようと思います。

HOME

アンジェラ・アキさんのHOMEがすごくいい!

いまさらって感じですけど、ずっと気になっていたもののなかなか手元に置けず…

確かウルルンのエンディングで聞いたのかな??

昨日やっとアルバムをレンタルして、聞きました。

他もいいですね~。

でもやっぱHOMEが最高!

実家にいるのに、故郷に思いを馳せたくなってしまいました。

♪寂しさが染み付いた 夢の無い夜には あなたを呼んでいる

というところが一番グッときますね。

僕は来年の春からは都会で働きます。

その時聞くと、今よりもっともっと沁みるんだろうなぁ…

松井&俊輔

日本人選手が海外で活躍するのは、やっぱ嬉しいものだ。

個人的には欧州サッカーは好きで、俊輔が出ようが出まいが関係なくチャンピオンズリーグは楽しみなのだが、大リーグに関してはあまり興味がない…

とは言っても、やっぱり松井は気になる。

もともと巨人ファンであり、松井が巨人にいた時から見ているので、他の日本人大リーガーとは思い入れが違う。

イチローのヒット数より松井のHR数のほうが僕にとっては重要なのだ。

松井が戻ってきたことで、プレーオフが楽しみになった。